【中学生】宿題に関する悩みをまとめて解決!

中学生になると宿題の量が増え、内容も難しくなってきます。日々の宿題に悩む中学生のお子さんは多いのではないでしょうか。そこで今回は中学生の宿題の悩みについて、解決策をまとめてご紹介します。

中学生の宿題に対する悩みって?

優子さんのお子さんは中学校に入ったばかりの頃、学校の宿題に困っていませんでしたか?

そうねぇ。最初は英語や数学の宿題が難しかったり量が多かったりして悩んでいた気がするわ。どうかしたの?

うちの子、最近宿題が終わらないと言って悩んでいるみたいなんです。

 うちの子も、部活動がある日は宿題が多いと大変だといつも言っているわ。睡眠時間を削らないといけない日もあるみたい。

中学校に入ると宿題の質も量も変わるから、宿題が終わらないという悩みを抱えているお子さんは多いみたいよ。

そもそも、宿題って何のためにあるのかしら。

宿題は学校の授業の復習としての側面が大きいですね。授業で習った知識を定着させる目的があります。また中には予習としての役割を持つ宿題もあります。

では宿題をきちんとやっていれば成績も伸びるはずですよね?うちの子は宿題をやっていてもなかなか成績が伸びなくて、そこも悩みの種なんです。成績が伸びないから、宿題に対するモチベーションも下がってしまう、という悪循環に陥っているようにも見えます。

宿題には適切なやり方がありますから、そのやり方をマスターするまでは宿題をやっていても成績が伸びないというお子さんも多いですよ。

 

必見!宿題の悩みに対する解決方法!

宿題が終わらない場合、どう解決すればよいんでしょうか。

宿題が終わらないことには3つの原因が考えられます。1つ目は宿題をする時間をきちんと確保できていないこと、2つ目は宿題の量が多すぎること、3つ目は現時点のお子さんの習熟度ではまだ解けない問題が宿題になっていることです。この3つの原因のうち、1つ目の原因と3つ目の原因はお子さんの力で取り除けますから、そこを対策していく必要があるでしょう。

 具体的にはどうすればよいんでしょうか。

まず1日、1週間のスケジュールを立てて、宿題をする時間を確保することですね。「5時から5時半までは宿題の時間にする!」など、宿題をする時間をあらかじめ決めておくとよいですよ。

宿題の時間を決めることは基本中の基本ね。

個別指導塾などに頼る方法もありかもしれませんね。塾の時間は決まっていますから、確実かつ効率的に勉強時間を確保できます。

「自力ではまだ解けないレベルの問題が宿題になっている」という点についてはどうですか?

わからないところについて塾の先生などに教えてもらいながら、宿題をするとよいでしょう。この点についても個別指導塾であれば、どこがどうわからないかを一緒に見直しながら問題を解決してもらえることもありますよ。

では宿題をやっていても成績が伸びない場合はどう解決すればよいですか?

宿題をやっていても成績が伸びない場合には、宿題のやり方に問題があると考えられます。宿題で学習した内容が頭に残っていないと、定期テストの成績には結びつきません。集中して宿題に取り組む習慣をつけましょう。たとえば「今日の宿題は30分で終わらせよう」といった目標時間を設定すれば、適度な緊張感を持って宿題に取り組めると思いますよ。

宿題のやり方についても、個別指導塾に頼れるかもしれないわね。

そのとおりですね。個別指導塾であれば勉強の仕方から指導してもらえますので、効果的な宿題のやり方についても教えてもらえるはずです。

 

宿題を学力アップにつなげよう!

宿題を学力アップにつなげる方法についてもう少し詳しく聞きたいです。

さきほども言ったように宿題は学校で習ったことの復習が主です。ですから、わからない箇所があったときの対策が成績にも直結します。

具体的にはどのようにすればよいんですか?

まず、宿題でわからなかった箇所や解けなかった箇所には印をつけておく習慣をつけましょう。定期テスト前の見直しがしやすくなります。印をつけた箇所は自分で解説を読むなどして理解できるようにしておくことも忘れないでくださいね。

もし自分で解説を読んでもわからなかった場合や、プリントなどに解説がついていなかった場合はどうすればよいでしょうか?

もし解説を読んでもわからなかったり、宿題に解説がなかったりした場合は、そのままにせず、学校や塾の先生に質問して早めに解決しておくようにしましょう。学校で習った内容を記憶の新しいうちに定着させておけば効率的ですし、特に数学のような積み上げ式教科の場合はつまずきを防ぐことにもなります。

とても参考になります。さっそく子どもに話して聞かせようと思います!

 

学習習慣の定着の部分からサポート
できる個別指導塾はコチラ!