友だちと塾に通う!メリットと注意点まとめ

塾に通うようになると、塾で新しい友だちができたというお子さんも多いかと思います。また同じ学校の友だちが通っているから塾に通い始めた、というお子さんもいるのではないでしょうか。今回は友だちと塾に通うメリットや注意点をご紹介します。

同じ学校の友だちと塾に通うメリット

優子さんのところのお子さんは、塾に同じ学校の友だちっているのかしら?

いるわよ。2人で学校帰りに楽しそうに通っているわ。どうかしたの?

娘の友だちが娘と同じ塾に通いたいって言っているみたいなんですが、同じ学校の子と塾に通うのってどうなのかなと思いまして。

お嬢さんのお友だちと同じように、同じ学校の友だちをきっかけに塾に行き始めたり、勉強に一念発起したりするお子さんは多いわね。

「●●さんと一緒ならがんばれる!」「●●君に負けたくない!」といった具合ですよね。

同じ学校で同じ塾の友だちは、よい意味で勉強のライバルになることも多いですよ。

それから、理恵さんのお子さんの場合とは逆に、学校ではそれほど親密ではなかった友だちと塾を通じて仲よくなれるというパターンもあるわね。

交友関係が広がるよいチャンスだといえますね。

 

塾で他校の友だちをつくるメリット

うちの子もそうですが、塾に通うようになると他の学校の友だちもできてきますよね。

塾でできた他の学校の友だちは、お子さんにとってよい刺激になるわよね。自分の通う中学校のことばかり見ているとどうしても「井の中の蛙」になりがちだけれど、他校の雰囲気や様子を聞くことで視野が広がると思うわ。

うちの子も他校の友だちがいるんですが、そのおかげで他校の文化祭の様子が聞けて楽しかったと言っていましたよ。

また勉強についての情報交換ができる点もよいところですね。たとえば定期試験で「うちの学校では前回こんな問題が出たよ!」などと教え合って、いつもの学校とは一味違った刺激を受けるのではないでしょうか。

お互いの学校の過去問題を見せ合うのはよい勉強法になりそうですね!

 

塾の友だち関係で気をつけたいこと

一方で、塾の友だち関係に不安なこともあるんですよね。たとえば友だち同士でだらけてしまわないかとか…。

理恵さんの言うとおり、お互いの足を引っ張り合わないよう注意は必要ですね。仲よくなることはよいことですが、塾では勉強に集中するための緊張感も大切です。

オンとオフのけじめをしっかりつけさせたいですね。

また塾の友だち同士で競争し合うこともよいのですが、競争が先立ちすぎて、もともと良好だった友人関係がわるくなってしまうこともあります。その点も注意してほしいところです。

相手に勝つことばかりを考えず、互いに切磋琢磨し合える関係がベストですね。

注意すべきことはありますが、基本的に塾に友だちと通ったり、塾で友だちをつくったりすることはお子さんにとって貴重な経験となるはずです。学校の友だちとはまた違った人間関係を築けるはずですよ。

うちの子もその友だちも、塾に通うことでよい交友関係が広がっていくとよいなと思います!

 

がんばっているのに上がらない!
勉強の改善方法はコチラ