勉強法

お子さんが「勉強に飽きた」と言ってきたら…やる気を取り戻すコツ

お子さんが「勉強に飽きた」と言ってきたら…やる気を取り戻すコツ
お子さんが「勉強に飽きた」と言ってきたことはありませんか?そんなとき、どのようにしてやる気を出せばよいのでしょうか。今回は勉強に飽きたとき、やる気を取り戻すコツをご紹介しましょう。

勉強の飽きとは?その原因


最近、うちの子、ちょっと成績が下がり始めているんです。

あら、そうなの?原因はなにかわかってる?

それが、どうもやる気が出ないみたいなんです。「勉強に飽きた」なんて言ってしまっていて。うわの空でいることも増えてきています。

そういったときは「そんなこともある」と考え、あまり深刻にならないほうがいいですよ。理恵さんが悩みすぎることは、お子さんにとってよくありませんから。ただ、勉強に飽きてしまった原因がなにかだけは探っておきたいところです。

マスターのおっしゃるとおりですね。でも、「どうして飽きたの?」って聞いても、「なんとなく」と言うだけなんです。

それなら原因を想像してみましょうよ。マスター、まず一般的に勉強の飽きにつながってしまうもので、どんな要因がありますか?

集中力の低下でしょうか。勉強に集中できなくなると一向に進みませんし、場合によってはイライラしてきます。そのイライラから勉強にイヤな気持ちを持ってしまい、投げ出したい気持ちから、「飽きてしまう」お子さんは多いかもしれませんね。

それはあるかもしれません。うちの子、一生懸命がんばるときは無理にしてでも先に進めようとするから、それも結局は集中力の低下につながっているのかも…。

勉強するにあたって、理解の浅さも原因としてある可能性があります。もしかしたら理恵さんのお子さんは、難しい問題も一生懸命やっているのかもしれませんね。ただ、無理にやると精神的に負荷がかかってしまいます。そこから飽きにつながることもありますよ。

なるほど、そうかもしれません。そういうときはどうすればいいんですか?

計算問題や一問一答問題など、簡単な問題に取り組むようにするとよいでしょう。難しい問題にも取り組んでもいいですが、時間を決めてやることです。時間を超えてまで悩む問題は、テストでも時間内にできない可能性が高いので、それは「先生に質問する問題」としてチェックを入れておき、いったんパスして、別の問題に取り組む工夫をするといいでしょう。

なるほど。家に帰ったら、うちの子と話してみます!

ほかに考えられる要素としては、学習環境かしら。私もよく子どもに言っていたけれど、漫画やゲームが近くにある場所で勉強していて、楽しみなことにすぐ手を伸ばしていないか注意が必要ね。

そういえば最近、勉強中に部屋をのぞいたらなにかを隠すことが多いんです。もしかしたら、漫画を読んでいるのかも。

なるほど、それはちょっと困りましたね。でも京子さんが言うように、学習環境から意識が別に向いてしまい、勉強の気力がなくなることはよくあると思います。あまり神経質になりすぎないようにしたいですね。

環境にも気をつけないといけませんね。すこしずつ飽きの原因がわかってきました。  

「勉強に飽きた」と思ったときの対処法


「飽き」にはどう対処していけばいいでしょうか?

やっぱり気分転換じゃない?私はそれで勉強をがんばれたわ。

京子さんのおっしゃるとおりです。実は気分転換はとても大切なんですよ。特に集中力の低下が原因でくる「飽きた」状態というのは、頭の中が整理されていない状態を意味します。頭の中に整理する時間とスペースを与えるため、あえて勉強から離れてみることも大切ですね。

気分転換って、なにをすればいいんでしょう?運動などですか?

それもひとつですね。そのほかにも深呼吸はどこでもできて、いいですよ。あと飽きてしまった教科はいったん横に置いて、ほかの教科に取り組んでみるという方法もいいですね。

そういえば私もイライラするときは、別のことや楽しみに時間を使って気持ちをコントロールしていました。今でもそうかも。

もしかしたら、お子さんは気分転換のやり方がまだわかっていないだけかもしれませんね。ちなみに、外に遊びに行くなど勉強とかけはなれてしまうのはあまりよくありません。あとは漫画やゲームも避けたほうがいいですね。あくまで気分転換ですから。

確かにそのとおりですね!それから、さっき京子さんが言っていた「環境を整える」こととも通じますが、掃除をするのはどうでしょう?

よいと思いますよ。机のまわりがきれいになれば、気分が変わりますからね。

私は学校のプリントをきれいにファイリングして整理するのがけっこう楽しかったし、気分転換になったかもしれません。

それはよいですね。プリントを整理すると、頭の整理にもなりますから、とてもよいことですね。

勉強計画を立てるのもいいかもしれませんね。

そうですね。勉強の下準備を楽しくして、また勉強に気持ちを向かわせることは大切ですよ。  

関連記事:【成績がなかなか上がらない?】
中学生の成績を上げる方法

勉強にたびたび飽きてしまうようなら…どう立ち向かう?


でもそういった対策をしても、たびたび飽きちゃうときがくると思うんですけれど、そういうときはどうすればいいんでしょうか?

最初にも言いましたが、まず重くとらえないのがポイントです。気分や状況によって、何度も「飽き」はやってきますからね。その1回1回に左右されないよう、あまり気にしないことも大切です。勉強と休憩をバランスよくやっていくことが大事です。ただ、休みも「取りすぎず適度に」が大切ですよ。とはいえ、長期的にその根本原因をすこしでも解決する方法はあります。

なんですか?

まずは得意科目をこなすことです。強みを伸ばし、楽しく勉強することは大切ですよ。もし得意科目がなければ、得意科目をつくってしまいましょう。どちらも勉強を楽しくするために必要なことですし、勉強が好きになれば、飽きが遠くなると思いませんか?

確かに、私もそうでした。好きな科目があったから、がんばれましたもの。

私もそうです。逆に苦手科目は、塾など人の助けがすぐに得られる場所でこなしていくことがいいのかもしれませんね。

さっきの集中力の話でいうと、たとえば30分1セットと決めて、一定の時間集中する習慣をつけることも大切です。慣れれば自然と勉強に抵抗がなくなってきますし。はじめのうちは大変でもだんだんがんばることが習慣になってきますよ。

それ以外にも、勉強の習慣をつくれれば、楽しくできるかもしれませんね。

すぐにできることではないかもしれませんが、今言った30分1セットなど、時間を変えて好きな教科をするといった工夫次第で、すこしずつ勉強の習慣はついてくると思います。理恵さんのお子さんも、そういった工夫で勉強が楽しいと思ってくれるかもしれませんね。

そうなるように、私も協力していきます。今日はいろいろお聞きできてよかったです。ありがとうございました。