勉強法

ボールペンが勉強に適している6つの理由

ボールペンが勉強に適している6つの理由
勉強のとき、お子さんはどんな筆記用具を使っていますか?実は、勉強にはボールペンがおすすめです。どうしてボールペンがいいのか、勉強の効率アップにつながるボールペンの魅力を見ていきましょう。

今、ボールペン学習が注目されている

「東大生の7割がボールペン派」(※)という記事をネットで見て驚いたわ。

確かに、小学校では基本的に鉛筆ですし、中学校・高校ではシャープペンが主流ですよね。

おっしゃるとおり、鉛筆を使うように指導している小学校が多いようです。しかし、最近は「ボールペン学習」が注目を集めています。ネットでもボールペン学習をすすめる記事がたくさん出ていますね。

知りませんでした。

「東大生100人にとったアンケートで、7割がボールペン派だった」という記事は、ある東大生が周囲の東大生を対象に調査した個人的なデータですが、「東大生の多くがボールペンを使う傾向にある」というのは興味深い指摘ですね。

考えてみれば、ビジネスマンで鉛筆やシャープペンを使っている人は少数派よね。大半はボールペンや万年筆を使っている印象があるわ。

鉛筆やシャープペンは芯をけずったり、芯の補充が必要なので仕事中には使いにくいのかもしれません。

そうですね。また、ボールペンには「消えない」という特性があります。大事なメモを取る機会も多いので、ボールペンを使うビジネスマンの方が多いのかもしれません。この「消えない」特性は、勉強にも役立つんですよ。

「書きやすく」て「消えない」から勉強にピッタリ

ボールペンの特性がどのように、勉強に適しているのか見ていきましょう。まず挙げられるのが「書きやすい」ことです。先が丸くてインクのすべりがよいので、書いていても疲れにくく、長時間勉強するのに向いています。

確かにそうね。

また、さきほども言いましたが「文字が消えない」ということは大事なことを残しておけるということです。「間違い」を残しておくことで、あとから弱点の発見・見直しができます。

間違いを残しておくことも大切だと思いますが、書き間違えた部分が消せないと、正しいものとの区別がつかなくなりそうです。

書き間違えたところは斜線や二重線で消せば大丈夫よ。

はい。「文字を消す手間が省ける」というのもボールペンのメリットです。鉛筆では消しゴムに持ち替えるときに集中力が途切れやすいですが、ボールペンなら消す必要がないので手を休めることなくどんどん書いていけます。消しゴムで消したり、消しカスを片づけたりする時間も節約できます。

なるほど。

ほかにも「書いた文字がはっきり見やすい」ことも特徴です。鉛筆やシャープペンで書いた文字のように、こすれて見えなくなる心配がないので、あとから見直すときに便利です。また、くっきりした文字のほうが記憶にも残りやすくなります。

鉛筆より色のバリエーションが多いのも特徴ね。

はい。大事なところや目立たせたいところを「色分けできる」ので、ノート整理がしやすくなります。また、シャープペンは芯を補充していくので使った量がわかりにくいですが、ボールペンはインクの減り具合や使用ずみの本数で、自分ががんばった量が視覚的にわかり、「使ったボールペンの数を自信につなげる」ことができます。このように、ボールペンにはよい点がいくつかあるのです。
------------------------------------------
①書きやすい
②文字が消えない
③文字を消す手間が省ける
④書いた文字がはっきり見やすい
⑤色分けできる
⑥使ったボールペンの数を自信につなげられる
------------------------------------------

【関連記事】:勉強のやり方がわからない!
効果的な勉強のやり方とは?

勉強がはかどるボールペン選びのポイント4つ

今はさまざまなボールペンが売られているわね。勉強向きのボールペンというのもあるのかしら?

勉強用のボールペンを選ぶときのポイントは、大きく分けて4つあります。まずは①「握りやすい太めのグリップ」です。人によって手の大きさや握りの強さなどが違います。書いていて疲れにくいもの、指が痛くなりにくいものがよいですね。また、②「やや太めのペン先」がおすすめです。ペン先が0.7~1.0mmくらいあると、書くときに紙に引っかかりにくいのでインクのすべりもよく、疲れにくくなります。大きく、読みやすい字が書けますよ。

グリップとペン先ですね。そういえば、私が小学生のころは10色ボールペンが学校ではやっていました。

③「多色ボールペン」もよいですね。コンパクトで持ち運びに便利ですし、ペンを持ち替えなくても、サッと色が変えられます。

最近では、好きな色を選んでカスタムできるタイプもあって選ぶのが楽しそうだわ。

最後にインクは④「耐水性のゲルインク」が水や汗でにじみにくいのでおすすめです。油性のボールペンよりインクが途切れにくく、乾きやすいのもうれしいポイントです。スラスラ書けるので、勉強もはかどるかと思います。

早速うちの子にもボールペン学習をすすめてみます。





(※)出典URL:「東大生の7割はボールペン派!? 勉強にボールペンを使う3つのメリット」、Study Hacker(コラム)、2016年6月。
http://studyhacker.net/columns/todaisei-ballpointpen