受験

受験生の敵?受験生がうまくスマートフォンやアプリと付き合う方法

受験生の敵受験生がうまくスマートフォンやアプリと付き合う方法

今どきの中高生のスマートフォン事情。LINEをはじめとするSNSや「ゲームアプリ」を友だちとのコミュニケーションツールとして使っているお子さんも多いと思います。スマートフォンの依存症などのリスクもささやかれる中、中学・高校の受験生はスマートフォンとどう付き合っていけばいいのでしょうか?改めて考えていきたいと思います。

スマートフォン利用!家庭でのルールを見直してみる

先日、学校からスマートフォンやインターネット利用についてのお手紙が配られました。うちの子はまだスマートフォンを持っていないので実感がわかないのですが、実際の中高生はどのような使い方をしているんでしょうか?

中学生になってからスマートフォンを持つお子さんがグッと増える印象があるわ。LINEをはじめとするSNSでの友だちとの交流がメインになるイメージかしら。

あとはゲームね。いつでもどこでもできるから、うちの子も夜遅くまで遊んでいることがあって、私もよく注意してるわ。

スマートフォンを持ち始めたときは、長時間使わないことや、使う時間も決めていたんだけど、四六時中管理できるわけじゃないし、家庭内でのルールもないようなものになってしまっているわ。

思春期や反抗期もあり反発するお子さんもいて、当初設けていたルールがほころんでくるのはよく聞く話だわ。便利ですぐ手の届くところにあるスマートフォンだけど、動画視聴やSNS、ゲームなどで勉強の時間と集中力がなくなってしまうのは、保護者としては避けたいわよね。

「スマホ依存」という言葉もあるようですし、スマートフォンとの付き合い方はきちんと考える必要がありそうですね。

そうね。そろそろ受験も意識してほしいし、うちもなにか対策しないといけないわよね。マスター、なにかいい案はありますか?

そうですね、便利ですぐ手元にあることで、使い続けてしまうことが問題になっているケースが多いと思います。なので、①帰宅後は保護者がスマートフォンを預かる。②長時間の利用を避けるために使える時間を決める。③スマートフォンは自分の部屋に持ち込まず、居間で使用する。などが家庭内のルールの基本になるでしょう。

学校からのお手紙にも同じようなことが書いてありました。

まだ保護者の管理が必要なのかもしれませんね。受験生になった意識を持ってもらうためにも、もう一度家庭内のスマートフォンルールをうちの子と一緒につくりなおそうと思います!

SNSやゲームに加えて友だちとの付き合い方を考える

でも、保護者がスマートフォンを取り上げてしまうというのもどうなのかしら?友だちと連絡が取れなくなってしまったらお子さんも困るだろうし、保護者としても連絡が取れなくなるのは不安です。

「スマホ依存」の原因は、ゲームだけでなく、SNSで友だちと話すのがやめられなくなることが主な原因と言われています。

家族よりも友だち同士の関係を重視する年ごろだから、SNSでの会話にはまってしまうのもわかる気がするわ。

そうですね。しかし、友だちだからこそ気をつけたいこともあります。受験生になるのはお子さんも、その友だちも同じです。なので、今までと同じように時間を問わず連絡を取り合っていると、自分だけでなく相手の負担になってしまうことを伝えれば、きっとお子さんもわかってくれるとお思います。

家のルールがあることや、勉強の時間に「スマートフォン断ち」をしているということを、お子さんが友だちに直接伝えておくのも大切ね。お互いにその時間は連絡しないなど、友だち同士で協力し合えるといいんじゃないかしら。

友だちにきちんと伝えておけば、LINEの「既読無視」(既読スルー)で勘違いされるといったトラブルもなさそうですね。

うちはゲーム機状態。ゲーム内課金をしない約束は守れてるけど、帰宅後は預かるようにしたほうがいいでしょうか。

ゲームアプリは息抜きにはちょうどいいかもしれませんが、期間限定のイベントや友だちとの協力プレイなどがあるとついついやり過ぎてしまうものです。そういう場合は、タイマー系のアプリを使って時間管理をしてみるのもおすすめです。

そんなアプリがあるんですか?

タイマー系でもいろいろありますよ。いくつか見てみましょう。まずは設定が簡単で、ワンタップでタイマーセットができる「ListTimer」(※1)。こちらは終了時刻が表示されるので時間もわかりやすく、ロック中も通知で知らせるアプリです。ほかにも、ユニークなものでは「タイマーロック3」(※2)などもおすすめです。こちらは集中したい時間を設定すると、スマートフォンにロックがかかり、電話以外の機能を使えなくなります。ロック中に、どうしても解除したい場合は、100円課金しなくてはいけないという、強制ロック型のアプリです。

ペナルティがあると、簡単には触らなくなりそうですね。

時間制限を設ける以外にも、スマートフォンを触らないことに特化したアプリでは、「スマートフォンをやめれば魚が育つ」(※3)などもあります。こちらはスマートフォンを触らないことで木や魚を育成する、スマートフォン封印型ゲームです。タイマーだけでは自律できないお子さんは、ゲーム要素をプラスした時間の管理をしてみるのもいいかもしれませんね。

「どれだけスマートフォンに触らないでいられるかゲーム」といった感じでおもしろいですね。

長時間利用しなかったことがゲーム内で評価されると、やる気につながるかもしれません。

保護者が預かる前に、こうしたアプリを一度試してみるのもいいと思います。

アプリを活用して、コミュニケーションツールから受験用ツールに

スマートフォンは便利なものだから、より自分に合った便利なものにアプリを上手に利用する方法があるんですね。

無料の学習アプリや、面接練習用など受験生向けのアプリもいろいろ登場しているので、お子さんの自主性にまかせるだけでなく、保護者もリサーチして、お子さんにすすめてみるのもいいと思います。「Studyplus」(※4)などのSNSを活用して、同じ志望校の受験生がどんな勉強をしているかを知り、自分の勉強に役立てる生徒さんも多いようです。

タブレットを使って勉強しているお子さんもいるので、勉強方法も新しくなっていっている感じがします。

スマートフォン内のゲームやSNSアプリをいったん削除して、学習系アプリを充実させれば手のひらサイズの受験用学習ツールとして活用することもできるわ。頭ごなしに禁止にしてしまうより、お子さんに合わせて使い方を変えていくことが、受験生のスマートフォンとの上手な付き合い方なんじゃないかしら。

受験生だけでなく、大学生や社会人になってからもスマートフォンとの上手な付き合いは求められ続けます。スマートフォンに振り回されることのないようにしたいですね。

アプリの有効活用や、自分の意思でスマートフォンを物理的に遠ざけるなど、自分自身でしっかりと管理できるようになるためのきっかけになると考えれば、スマートフォンの自己管理も勉強のひとつなのかもしれませんね。

美香さんの言うとおりです。ぜひその方向でお子さんとルールづくりをしてみてください。

(※1)参照:タイマー & アラーム ListTimer 料理や勉強に
https://itunes.apple.com/jp/app/taima-aramu-listtimer-liao/id890352174?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

(※2)参照:スマホ依存症アプリ タイマーロック3
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.has.timer_lock3&hl=ja

(※3)参照:スマホをやめれば魚が育つ
https://itunes.apple.com/jp/app/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E3%82%92%E3%82%84
%E3%82%81%E3%82%8C%E3%81%B0%E9%AD%9A%E3%81%8C%E8%82%B2%E3%81%A4/id1134446132?mt=8

(※4)参照:Studyplus
https://itunes.apple.com/jp/app/studyplus/id505410049?mt=8