不登校でも勉強はできる!個別指導塾ならではの学習環境をご紹介

不登校でも勉強ができる個別指導塾ならではの学習環境をご紹介
学校に行くことができず欠席が続いてしまう不登校。実は「学校には行けないけれど、塾(学習塾・進学塾)には通っている」というお子さんも少なからずいます。なぜ不登校でも塾なら通えるのでしょうか。今回は不登校のお子さんが個別指導塾に通うメリットやその効用について考えてみましょう。

学校に行きづらくなる原因は人それぞれ

不登校の生徒さんは年々増加していると言われています。「もしうちの子が不登校になってしまったら」、「急に学校に行きづらくなってしまったら」と考えると心配になってしまいますよね。

不登校の原因については「社会性の高さ・低さ」と「ストレスへの耐性の高さ・低さ」という2つの軸で考える方法がよく取り上げられます。社会性が高く、ストレス耐性の高いお子さんは、先生や同級生と良好な関係を築いて学校生活を楽しめる傾向があることは想像しやすいですね。しかし、こうしたお子さんが不登校になることもあります。

同じように「優等生タイプだったのに」「あんなに社交的だったのに」と意外に感じるようなお子さんが不登校になってしまうことも少なくありません。

先生や同級生との人間関係がうまくいかないことが不登校の原因としてよく挙げられます。また、学校の成績が下がったり、部活動で挫折を味わったりという「つまずき」が不登校の原因であることもよくあります。

まじめなタイプのお子さんでも、周囲に求められていることに合わせようとがんばるうちに、あるとき急に精神的な疲れが不登校となって表れることもありえます。社交的でだれとでもすぐ仲良くなれるタイプでも、小学校に比べて難しくなる中学校の勉強にうまくついていけず、不登校になってしまったというお子さんも少なくありません。こうしたケースをさきほどの2つの軸に当てはめると、「社会性が高いのに対してストレス耐性が低かった」とも考えられます。

「社会性の高さ・低さ」と「ストレス耐性の高さ・低さ」は微妙なバランスの上に成り立っていて、このバランスが崩れる可能性はどんなお子さんでもあります。つまり、学校に行けなくなる不登校の状態はだれにでも起こりえるのです。

不登校の生徒でも塾(学習塾・進学塾)なら通える?

不登校の生徒でも塾(学習塾・進学塾)に通える
お子さんが学校に行きづらくなってしまったとき、第一に考えるべきことは、本人の気持ちに寄り添うことです。なにかのきっかけで傷ついたり、疲れてしまったりして、学校に行けなくなったお子さんは、学校に行けないことに負い目を感じている場合がほとんどです。無理に原因を聞き出そうとしたり、学校に行くことを強制したりせず、まずは「大変だったね」、「悩みがあればいつでも聞くからね」と本人の気持ちに共感しているということを言葉に出してあげましょう。

また、お子さんの不登校が続くと心配になるのが、勉強の遅れや進路のことです。学習塾にも「不登校でも塾に通えますか?」という質問が多く寄せられます。

不登校になる原因が友人関係にあった場合、もし同じ学校の生徒さんに会うのが心配なら、早めの時間に来て塾の授業を受けることもできます。電車で通うような少し離れた場所の塾を選ぶのもひとつの方法です。

不登校になった原因にもよりますが、本人の心の傷となっている原因から遠ざかり、学習塾でスムーズに学習している生徒さんもたくさんいます。もし、本人が「学校には行きにくいけど、塾なら行ってみよう」という気持ちになれたときは、塾に通うことが今後の助けとなるかもしれません。

個別指導塾なら1人ひとりに合う環境が見つかる!

個別指導塾なら1人ひとりに合う環境が見つかる!
「不登校」と一口に言っても、実にさまざまなお子さんがいます。どんなことが原因で学校に行けないのか、今後どのように軌道修正していけばよいのかは人それぞれです。そのため、学校の授業に似ている集団講義の学習塾よりも、1人ひとりに対してよりきめ細かな対応が期待できる個別指導塾を選ぶ不登校の生徒さんも少なくありません。

個別指導塾では、講師1人が2人程度の生徒さんを同時に対応するのが一般的で、教室長や教務担当者が1人ひとりの性格を把握し、学習進捗や目標設定などを管理します。集団講義タイプの学習塾よりも1人ひとりに目が届きやすいのはもちろん、講師が会話のなかで悩みを聞くこともできます。また、授業のなかで生徒さんとの信頼関係を築きやすいのも特徴です。もちろんスタッフと面談する機会もあり、保護者の方の不安や悩みを相談することもできます。

さらに、個別指導塾のなかには、不登校のお子さんのサポートを得意とする塾もあります。たとえば、ベネッセグループが運営する大手個別指導塾(学習塾・進学塾)では、教室社員向けに不登校の生徒さんと向き合うための社内研修プログラムを実施しており、教室によっては不登校を含めた教育の専門知識を持ったスタッフが対応しています。人間関係を築く力と不登校を含む教育の専門知識の2つが、ベネッセグループの大手個別指導塾が展開する不登校のお子さんのサポートの柱です。

ベネッセグループの大手個別指導塾で実践している学びは学力をつけるのはもちろん、「なぜ学ぶのか」といった学習目的の部分を明確にすることも大切にしています。そのなかで「やればできる自信」をつけていくことも大きな特徴です。授業は小さなステップを1つ1つクリアするスタイルで進められます。「昨日はできなかったけど今日はできた!」と学習面ですこしずつステップアップしていくことは、きっとお子さんの自信につながることでしょう。

もし塾にも通うことが難しい場合には、自宅にいながらしてパソコンやタブレットで授業を受けることもできます。

1人ひとりの生徒さんにきめ細かな対応が期待できる個別指導塾なら、きっと自分に合った学習環境が見つかるはずです。学校に行きづらい。不登校が続いている。そんなとき、選択肢の1つとして個別指導塾を考えてみませんか?