定期テスト対策

テスト前のプレッシャーはなぜ感じる?原因と克服方法を伝授

テスト前のプレッシャーはなぜ感じる原因と克服方法を伝授
テスト前になるとプレッシャーで眠れなくなったり、体調を崩してしまったりした経験はありませんか?適度なプレッシャーはいい結果を出すために必要なものですが、度を超すと困りものですよね。今回はプレッシャーの原因や克服方法についてお伝えしていきたいと思います。 

誰もが経験するテスト前のプレッシャー

うちの子、テスト前になるとプレッシャーを感じるみたいなんです。このあいだの定期テスト前日は不安で眠れなかったと言っていたし、テストの直前なんて緊張し過ぎて胸が苦しくなっちゃったとか。

あらあら、それは心配ね。

私も学生時代はそんな感じでしたよ!テスト前だけでなく、テスト中にもお腹が痛くなったり、緊張し過ぎて気分がわるくなったりすることもありました。

テスト前のプレッシャーというのは、誰もが一度は経験するものですよね。

そういえば、私もテスト前はプレッシャーを感じてはドキドキしていたっけ。

プレッシャーはマイナスのイメージがつきがちですが、100%わるいものではないんですよ。適度なプレッシャーや緊張感があるからこそ、努力できるし、がんばれるとも言えるでしょう。健全な向上心の表れでもありますしね。

うちの子みたいに具合がわるくなるほどプレッシャーを感じるときは、なにか特別な理由があるのでしょうか?

そうですね。たとえばテストに失敗することへの恐怖感や「合格しなければ」「いい点数を取らなければ」という強迫観念が強かったり、友だちや保護者など周囲からの評価が気になってしまったりすると、過度のプレッシャーを感じることもあるかもしれません。 

テスト前のプレッシャーを克服するには?

テスト前のプレッシャーを克服するのにいい方法ってありますか?

プレッシャーは気の持ち方ひとつでずいぶん楽になることもあるんですよ。過度のプレッシャーを感じやすい人の特徴として、完璧主義の人が多い傾向があります。まずは完璧を求め過ぎないことが重要と言えますね。「満点でなくても、合格点を取ればいい」と肩の力を抜いてみたり、「~しなければならない」という思考をやめてみたりというのもひとつの方法かと思います。

確かにうちの子、すこしそういうところがあるかもしれません。

ただ、気持ちというのは頭ではわかっていても、なかなか切り替えられないこともありますよね。そういうときは体を動かすのも効果的ですよ。

そうそう!じっと座って勉強しているだけだと、どんどん不安な気持ちやマイナス思考で頭がいっぱいになってくるんですよね。

そんなときは勉強の合間に簡単なストレッチや散歩などをしたり、深呼吸をしたりするのがおすすめですよ。体を動かすことで意識を別の方向にそらしてあげることがポイントです。

鏡の前で笑顔をつくったり、テストでいい結果が出てうれしいときのポーズをしたりするのも効果的って聞いたことがあるわ。バンザイやガッツポーズとか。ポジティブな動きをすると、脳もつられてポジティブになるんですって。

それもいい方法ですね。あと意外と軽視しがちなのが睡眠です。テスト前は寝る時間さえもったいないと勉強する人もいますが、睡眠不足はいちばんの敵ですからね。不安だからと何日も徹夜で勉強したり、前日に一夜漬けをしたりすると、肝心のテスト本番で脳が働かず逆効果になってしまいます。また、睡眠不足だと交感神経が活発になり過ぎて、緊張や不安感が高まりやすくなってしまいます。テスト勉強期間中も適度な睡眠時間は確保するのがポイントです。特にテスト前日は、ぬるめのお風呂にゆっくりつかって副交感神経を優位にして、早めに就寝するとよいでしょう。 

関連記事:【成績がなかなか上がらない?】
中学生の成績を上げる方法

お子さんがプレッシャーを感じているとき保護者ができること

お子さんがプレッシャーを感じているときに、保護者としてできることってありますか?

まずはあまりテストのことには触れずに、体調管理に気をつけてあげるのがいいのではないでしょうか。毎日の食事や睡眠時間などを、さりげなく気にかけてあげるとかですね。

保護者としては、つい様子を聞いたり口を出したくなったりしてしまうけど、逆にそれがプレッシャーになるかもしれないものね。

そうなんですよね。「大丈夫!あなたならできるわよ!」とか「がんばってね!」って言われるのって、プレッシャーを感じているときはけっこう辛かったりするんですよね。

保護者としてはお子さんに応援の言葉をかけたくなると思いますが、場合によってはさらにプレッシャーをかけることもあるので注意が必要ですね。もしプレッシャーや不安な気持ちを話してくれるようだったら、あまり保護者の意見は押しつけず、不安な気持ちに耳を傾け、共感してあげることが大切だと思います。ただ話を聞いてあげるだけで、お子さんの気持ちが軽くなることもあるんですよ。

なるほど。今日はいろいろ参考になりました!ありがとうございます。

お子さんのこれからの人生で、テスト以外にもプレッシャーを感じる場面は増えていくと思います。保護者の方とお子さんが一緒になって、いまのうちからプレッシャーと上手に付き合える練習ができるといいですね。