受験

受験対策に向けて知っておきたい!メリットがいっぱいの東京個別指導学院

受験対策に向けて知っておきたい!メリットがいっぱいの東京個別指導学院
今回は「受験に向けてそろそろ塾に通わせようかな」とお考えの保護者の方々を対象に、ベネッセグループの東京個別指導学院ならではの個別指導での学習方法について詳しく解説していきたいと思います。「塾なんてどれも同じ」と考えていませんか?「勉強のやり方がわかる」、「1人で学べるようになる」「受験対策ができる」といった点はもちろんですが、塾に通うことで得られるメリットはそれだけではありません。今回は、特に個別指導塾に通うメリットと併せて東京個別指導学院の強みを見ていきましょう。

学習目的に合わせて選びたい塾のタイプ

駅前を歩くと、いくつもの塾が立ち並んでいるといった光景を見かけませんか?特に都市部では、塾に行かない中学生のほうが少数派となっている地域もあるほどで、学習塾はすっかり地域に根差した教育機関としてなくてはならないものとなっています。

塾には大きく分けて、1~3人程度までのお子さんをみる個別指導塾、グループ指導を行う集団塾とがあります。また、学習目的で区別すると、学校の予習・復習を目的とした補習塾、高校受験や大学受験などを目的とした進学塾に分けることもできます。よく新聞の折り込みチラシやインターネット広告などで、「・・高校××名合格!」といった合格者数を目にすることもあると思いますが、こうした塾がまさに進学塾の典型と言えるでしょう。

お子さんに合った塾を選ぶ際には、どのタイプの塾がピッタリなのか見極めることが最初の一歩となります。

ここが違う!個別指導塾での学習方法

これまでの従来的なスタイルの集団塾に対して、今何かと注目を集めているのが個別指導塾です。個別指導塾は「1科目だけでも受講できる」「いつからでも始めることができる」「お子さんに合ったカリキュラムを組んでくれる」「都合が悪い日は授業日が振り替えできる」などのメリットがあり、お子さんにとって無理なく、自分のペースで効率よく勉強できるところが評価されています。

個別指導塾に通う4つのメリットとは

4つのメリットをそれぞれ見ていきましょう。「1科目だけでも受講できる」はもっともわかりやすい個別指導のメリットです。受験に向けて英語か数学を1科目だけ受講して塾に慣れておくという考え方もできますし、苦手科目を短期間で克服したいと考えるお子さんも数多くいます。
「いつからでも始めることができる」「お子さんに合ったカリキュラムを組んでくれる」の2つは意外と知らない方が多いようです。集団塾では春から新しい学習内容を一斉にスタートしますが、個別指導塾はお子さん1人ひとり個別対応ができますので、お子さんが学習を開始したい時期に好きなところから始めることができます。
最後の「都合が悪い日は授業日が振り替えできる」はそれぞれの個別指導塾によって対応が異なりますが、部活動や体調不良といった生徒さんの事情に応じて、授業予定を変更することができます。授業の機会がムダにならず、お子さんのペースに合わせて授業を進めることができます。これは個別指導ならではの見逃せないメリットと言えるでしょう。

個別指導塾を選ぶときに大切にしたいことベスト6!

個別指導塾を選ぶときに大切にしたいことベスト6!

個別指導塾選びでもっとも重視されるのは「教室の場所」

保護者の方が個別指導塾を選ぶ上で、もっとも重視するポイントは何でしょうか。「授業料」だと思われる方も多いかもしれませんが、答えは違います。実は「教室の場所」が堂々の第1位なのです。中学生の場合、自宅から概ね2km以内の通いやすいところにある塾を選ぶ傾向にあります。お子さんが無理なく通える場所かどうかをもっとも気にするというのは安心・安全への意識の高さを表していると言えるでしょう。(※1)
お子さんの毎日の予定のなかに「塾に行く」というタスクが増えることは、とても大変なことです。だからこそ、継続的に通いやすい場所にあるのかはシビアに見極めたいところです。「どんな場所ならお子さんの学習効果が上がるのか」を優先的に考えれば、無理なく通える塾にしぼり込んで考えるのが最善でしょう。家から近ければ、塾の自習席を利用することも可能です。

個別指導塾選びで重視されるその他のポイント

第2位が「授業料」です。それから、第3位「教科・コース・時間割」、第4位「塾を利用できる時間帯」と続いています(※1)。塾の授業料の相場を把握したら、塾の学習システムや営業時間などの条件も考えておきましょう。一般に個別指導と集団指導では、個別指導塾のほうが高い、というイメージがあります。しかし、実際に比べてみるとこの2つの授業料は大きくは変わりません。初めから価格面だけで集団指導塾だけにしぼり込むのではなく、お子さんに合った塾という観点で幅広く探してみるのがよいでしょう。

やはり問われる個別指導塾の「教室力」・「人間力」!

興味深いことに、個別指導塾を選ぶ上で重視するポイントの第5位に「教室内の雰囲気」、第6位に「講師・教室長の印象」もランクインしています(※1)。実際に塾に行って初めてわかることが挙がっていることからも、実際に自分の足で情報を得ることを大切にして塾選びをしている方が多いことがわかります。
実際に塾に行ってみた際の教室長の対応はいかがでしたか?講師とお子さんの相性はよさそうですか?お子さんが純粋に通いたいと思える教室であるかどうか、本人の意見も聞きながら、総合的にみて判断しましょう。「相談したいと思える先生がいた」、「ほかの生徒さんが楽しそうにしていた」など、お子さんのちょっとした感想にもしっかりと耳を傾けることがとても大切です。
時々、インターネットなどで塾のパンフレットをいくつか請求して塾を決める方もいますが、塾はお子さんにとって「第2の学校」とも言える重要な場所です。学習システムの内容や価格だけの比較ではなく、教室の雰囲気や講師の様子など、全体的なことも含めて納得できる塾選びをすることが重要です。

ベネッセグループの個別指導塾に入塾してからの流れ

ベネッセグループの個別指導塾に入塾してからの流れ
ここでは、ベネッセグループの東京個別指導学院を例にとって、入塾までの流れを具体的にみていくことにしましょう。個別指導塾に通う経験がないお子さんは、だれもが不安に感じると思います。またどのようにして個別指導の授業が組まれるのか、疑問に思う方も少なくはないでしょう。今後の塾選びの際の参考に入塾までの詳細を説明していきます。

さまざまな東京個別指導学院へのお問い合わせ方法

1.【資料請求】塾選びの第一歩として資料請求をするのが一般的です。東京個別指導学院のウェブサイト、もしくは専用のフリーコール(通話料無料電話)などでも簡単に資料請求ができます。東京個別指導学院では資料の送付は無料となっています。パンフレットには、教室内の写真や先輩の体験談などが掲載されています。同封の資料からも塾の雰囲気はわかりますし、これからのお子さんの学習に役立つ情報も多く掲載されているので参考になるでしょう。

2.【学習相談・教室見学】パンフレットだけでは、塾の実際の雰囲気はあまりつかめないかもしれません。実際に授業風景を眺めたり、教室スタッフと話したりすることで、新たな発見がたくさんあることでしょう。お近くの東京個別指導学院の教室へ学習相談や見学に出かける際には、あらかじめ予約を入れておいたほうが無難です。教室スタッフも時間的に余裕をもって対応することができますし、お子さんの学年に合わせた資料を用意しておいてくれるかもしれません。

3.【無料体験授業】入塾前に具体的にどんな授業が受けられるのか知りたいというお子さんには、無料体験授業があります。東京個別指導学院では希望の科目、単元にしぼって、完全個別指導による授業を体験することができます。単に授業を受けるだけでなく、お子さんの学力レベルチェックを受けたり、授業後の学習カウンセリングなども受けたりできますので、お子さんの学習に対する視野も広がってくることでしょう。

入塾時の学習相談から担当講師決定まで

東京個別指導学院では、これから入塾するすべてのお子さんと学習相談を実施しています。「学習相談」と聞くと不安になったり、 「勉強といっても、どうすればいいのかわからない」と言ったりするお子さんも多いと思いますが、あまり心配はいりません。もし可能であれば、直近の通知表の内申点(評定)、定期テストや模擬試験の結果などがわかると、よりスムーズに学習相談が進みます。
学習相談での話題の中心は日頃の学校や家庭での学習状況です。教室スタッフは、お子さんが何ができていないのか、苦手科目はどの部分か、学校の宿題は出せているかなど、細かくヒヤリングしていきます。その上で、将来どんなことがしたいのか、半年後、1年後にどんな自分になっていたいかも含めて話し合うようにしています。「まだどうすればいいのかわからない」というお子さんでも、きっとこれからどのように勉強していけばいいのか、新しいきっかけを見つけてもらえると思います。
これらの学習相談や体験授業によって細かくお子さんの性格を把握し、お子さんの学習目的にふさわしい複数の講師で授業を進めていき、お子さんの気持ちに寄り添いながら担当講師を決定していきます。大好きな先生の授業であれば、自然と勉強への集中力も上がっていくものです。東京個別指導学院では、学習成果をアップさせる観点からも、お子さんとの相性のよい講師とのマッチングを大切にしています(※2)。

ベネッセグループの東京個別指導学院ならではのこだわり

ベネッセグループの東京個別指導学院ならではのこだわり
最後にベネッセグループの東京個別指導学院の細かなこだわりをいくつかご紹介していきます。個別指導一筋30年以上ならではのノウハウのうち、特に定評のあるもの、入塾しないとわかりにくい部分についてクローズアップしたいと思います。

計画的な学習が進められる「オーダーメイドカリキュラム」

東京個別指導学院では、お子さん1人ひとりの学習プランをオーダーメイドでつくります。お子さんが達成したいと考える目標までの差を測り、目標達成までにやるべきことを明確にした1人ひとりのカリキュラムを作成するので、最短の日数で効率よく学習を進めていくことができます。
夏期講習、冬期講習、春期講習の講習会でも、そのつど1人ひとりの「目標」「学力」に合わせたオーダーメイドカリキュラムを用意して、確実な成果に結びつけるようにしています。

対応教材は2,000種類以上!お子さんの学習状況により選択可能

教材は難し過ぎると、お子さんのやる気が削がれてしまいます。簡単すぎても効果的な学びにつながりません。お子さんのレベルにピッタリ合った教材に取り組んでもらうことが重要です。そのために重要なのは、お子さんのレベルやペースに合った教材を選ぶことです。教材を正しく選ぶことで、お子さんは自然と本気で取り組み始めるようになります。
塾によってはあらかじめ使う教材を指定していることがありますが、東京個別指導学院ではお子さんの要望に合わせた教材に柔軟に対応することができます。学校の進度や使用している教科書、定期テストの日程や範囲、あるいは志望する高校や大学に合わせて選ぶこともできますし、以前お通いの塾で使っていた問題集や参考書に継続して取り組むことも可能です。

入塾後のサポート体制も充実!

東京個別指導学院では、教室スタッフ・講師、保護者、お子さんを交えた面談を年に3回以上行うのも特徴の1つです。受験生になると、さらに回数が増えることでしょう。これはお子さんの学習進捗をそのつど確認しながら確実に目標達成してもらうためです。講師はお子さんと保護者の双方と十分にコミュニケーションを取ることで、「将来どう進みたいか」という未来の展望をより具体的に描く手助けをしています。「テストで何点とるか」と同じくらい、「なぜ勉強するのか」「半年後、1年後にどんなふうになっていたら心の底からうれしいと思えるか」といった壮大な目標を考えてもらうことも大切にしています。

いかがだったでしょうか。一言で「塾選び」といっても、塾には個別指導塾と集団塾、補習塾と進学塾など、さまざまなタイプがありますし、塾ごとに講師、教材、授業の進め方など、さまざまなサポート体制があります。ぜひこの記事を参考にしながら、入塾前に確認すべきポイントを明確にし、お子さんの確実な成果につなげていただければと思います。

(※1)典拠: 東京個別指導学院2018年3月実施インターネット調査。
(※2)在籍状況によっては担当講師をご相談する場合もあります。