科目・単元

【中学英語】基本5文型

【中学英語】基本5文型
今回は、〈基本5文型〉について学習します。〈基本5文型〉は英文の骨格のパターンといえ、英語学習を進めていく上で基盤となるものです。特に中学2年生以降に出てくる長く複雑な英文を読む際には、〈基本5文型〉の理解がとても重要な役割を果たします。この先どんな英文でも読みこなしていけるようになるために、〈基本5文型〉を 着実に理解しておきましょう。

基本5文型と文の5要素

どんなに長く複雑な英文であっても、その文構造のパターンは必ず5つに分類できます。これを〈基本5文型〉と言います。その5パターンを以下に示します。まずは、この型を暗記してください。
基本5文型と文の5要素1
そして、上の5パターンは、S・V・C・Oという4つの要素からなっています。これを「文の主要素」と言います。各要素の名称と主な働きを以下に示します。それぞれの主な働きを覚えておきましょう。

基本5文型と文の5要素2
(ここでは英名を覚える必要はありません)

上の4要素に加え、M(Modifier)〈修飾語〉もあります。〈修飾語〉は、それがなくても文構造に影響を及ぼさないため、「文の主要素」と見なさず、〈基本5文型〉のパターンにも出てきません。ただ、S・V・C・Oの4つ(主要素)にMを加えたものを「文の5要素」と言いますので、5要素の1つとして覚えておきましょう。

第1文型(Ⅰ) S+V

第1文型〈S+V〉は、主語(S)動詞(V)だけで文を完結でき、「Sは[が]Vする」と訳せます。
ただし、実際の英文では、SとVだけでは内容が乏しいため、多くの場合、修飾語(M)を伴います。

Japanese
 people  work  hard  everyday. (日本人は毎日、一生懸命に働きます。)
            S                       M        M

第2文型(Ⅱ) S+V+C

第2文型〈S+V+C〉は、S+Vの後に補語(C)が続きます。
〈補語〉とはなんでしょうか。次のように考えます。
例えば、Tom is.という文を訳せますか。
God is.「神は存在します。」であればまだしも、「トムは存在します。」では、文が不完全で、意味がよくわかりません。どのような状態で「存在する」かを言う必要があります。つまり、Tom isの後に、Tomがどんな人であるかを説明する語句(名詞か形容詞)を補わなければならないのです。例えば、Tom is a student.(トムは学生です。)やTom is tall.(トムは背が高いです。)のようにです。
こうして補われた語句、すなわちa studentやtallを〈補語〉と言います。

Tom  is  a student. (トムは学生です。)
  S   V     C

Tom is  tall. (トムは背が高いです。)
  S  V    C

第2文型〈S+V+C〉で用いられるもっとも代表的な動詞が〈be動詞〉です。つまり、〈S be C〉「Sは[が]Cである」が第2文型の基本形ということになります。〈be動詞〉のほかにも、次のような動詞が第2文型で用いられます。
▶ look(…に見える) become(…になる) get(…になる) keep(…のままである) stay(…のままである) 等

第3文型(Ⅲ) S+V+O

第3文型〈S+V+O〉は、S+Vの後に目的語(O)が続きます。
次の2つの英文を見てください。

John  keeps  quiet. (ジョンは静かにしています。)
    S    V       C
John  keeps  two dogs. (ジョンは犬を2匹飼っています。)
      S    V          O

①は第2文型〈S+V+C〉、②は第3文型〈S+V+O〉です。
まず、第2文型は〈S be C〉が基本形です。したがって、Vを〈be動詞〉に置き換えても文意が通れば、その文は第2文型です。①は、keeps(V)を〈be動詞〉isに置き換えてJohn is quiet.(ジョンは静かです。)としても文意が通るため、第2文型です。この文のquietは、主語John(S)の状態を示す補語(C)です。
しかし、②は、keepsをisに置き換えてJohn is two dogs.(ジョンは2匹の犬です。)とすると文意が通らないため、第2文型ではありません。第3文型〈S+V+O〉と考えます。
②において、two dogsは、keeps(飼う)という行為の対象、すなわち「…を」に相当する部分になっています。これを目的語(O)と言います。Oは、Sと別のもので、必ず名詞です(Cは、Sの内容・状態等を示すもので、名詞のこともあれば形容詞のこともあります)。
なお、①②はVが同じkeepsでも、①(第2文型)では「…のままである」、②(第3文型)では「飼う」と、異なる意味で用いられています。

■ 個別指導塾の基本問題に挑戦!
《問題》次の1)~3)について、下線部が「S」「V」「C」「O」「M」のどれに当たるかを答えなさい。

1)Paul works hard. (ポールは熱心に働きます。)
2)The work looks hard. (その仕事はきつそうに見えます。)
3)She likes hard questions. (彼女は難しい問題が好きです。)

《正解》1)M  2)C  3)O
《解説》1)下線部hardは副詞「熱心に」でM、文は第1文型〈S+V〉です。
2)下線部hardは形容詞「きつい」でC、文は第2文型〈S+V+C〉です。looksを〈be動詞〉に置き換えてThe work is hard(その仕事はきつい)としても文意が通ります。
3)下線部hard questionsは名詞句「難しい問題」でO、文は第3文型〈S+V+O〉です。なお、likesを〈be動詞〉に置き換えてShe is hard questions.とすると文意が通りません。

第4文型(Ⅳ) S+V+O+O

第4文型〈S+V+O+O〉は、S+Vの後にOが2つ続きます。
〈目的語〉は、Vが表す行為の対象を示すもので、「…を」「…に」に相当する部分です。Vの中には、「AにBを…する」のように、〈目的語〉を2つ同時にとる動詞があります。例えば、study(勉強する)は、study math(数学を勉強する)と言えますが、study him math(彼に数学を勉強する)と言えません。しかし、give(与える)はgive him a chance(彼にチャンスを与える)と言えますし、buy(買う)もbuy her a doll(彼女に人形を買ってあげる)と言えます。

次の2つの英文を見てください。
I   gave  her   some advice. (私は彼女に少し助言を与えました。)
   S    V     O            O
I   bought him  a blue shirt. (私は彼に青いシャツを買ってあげました。)
   S      V      O         O

①②は共に第4文型〈S+V+O+O〉ですが、第4文型は、「…を」に相当する2つ目のOをVの直後に置き、第3文型に言い換えることができます。「…に」に相当する部分は〈前置詞+名詞〉の形で表してMになります。

I   gave   some advice   to her.
   S    V            O              
I  bought a blue shirt  for him.
   S     V           O            
第4文型から第3文型に言い換えた際の「…に」を表す〈前置詞+名詞〉の前置詞は、giveの場合はto、buyの場合はforです(toになるかforになるかは動詞ごとに決まっています )。このように、文の意味が同じでも、文の要素になにがくるか、どのような順序で述べるかによって、文型が異なることがあります。

第5文型(Ⅴ) S+V+O+C

第5文型〈S+V+O+C〉は、S+Vの後にO+Cが続きます。
英語に苦手意識を持つ生徒の多くがここでつまずいているため、第5文型はしっかりと理解しておく必要があります。
大切なことは、〈S+V+O+C〉の〈O+C〉の部分は、「OがCである」と訳せ、OとCの間に〈O=C〉の関係があるということです。したがって、S+Vの後に2つの要素(A・B)ある場合、〈S+V+A+B〉において、〈A=B〉と考えて文意が通れば〈S+V+O+C〉(第5文型)、文意が通らなければ〈S+V+O+O〉(第4文型)と判断できます。

第5文型で用いられる(〈O+C〉を導く)もっとも代表的な5つの動詞を覚えておきましょう。

① call+O+C(OをCと呼ぶ)
My friends call me Liz. (友人は私をリズと呼びます。)
      S           V     O    C
※ I am Lizと考えられます。① make+O+C(OをCにする)

② make+O+C(OをCにする)
The news made her  happy. (その知らせは彼女を喜ばせました。)
  S    V    O   C
※ She was happyと考えられます。

keep+O+C(OをCにしておく)
A cup of coffee  kept  me  awake. (1杯のコーヒーが私を眠らせませんでした。) 
   S      V   O    C
※ I was awakeと考えられます。

④ leave+O+C(OをCのまま放っておく)
His mother left him alone. (母親は彼をひとりにしました。) 
       S          V      O       C
※ He was aloneと考えられます。

find+O+C(OがCとわかる)
The student found the book  very interesting.(その生徒はその本がとてもおもしろいのだとわかりました。) 
        S            V           O              C
※ The book was very interestingと考えられます。

■ 個別指導塾の基本問題に挑戦!
《問題》次の1)~3)が第何文型かを答えなさい。
1)His mother makes a new dress every month.
2)Her father made her a new doll. ※ made:makeの過去形
3)The news made her happy. ※ news:「知らせ」

《正解》1)第3文型 2)第4文型 3)第5文型
《解説》1)His motherがS、makesがV、a new dressがO、every monthがMで、文型は〈S+V+O〉、文意は「彼の母は毎月新しい服を作る」です。
2)Her fatherがS、madeがV、herがO、a new dollがOで、文型は〈S+V+O+O〉、文意は「父親は彼女に新しい人形を作ってやった」です。
3)The newsがS、madeがV、herがO、happyがCで、文型は〈S+V+O+C〉、文意は「その知らせが彼女を幸せにした」です。

最初にご紹介したとおり、〈基本5文型〉は、英語の文の基本的な骨格です。そのため、〈基本5文型〉をしっかりと理解することこそ、その後の英語学習をスムーズに進められるかどうかを左右すると言えます。
〈基本5文型〉では、それぞれの文型に含まれる文の要素と、よく使われる動詞に特に注意して、必ずセットで覚えるようにしましょう。そして、その内容をしっかりと定着させるために、繰り返し音読してください。
その上で、実際に学習しながら英語に苦手意識を持ってしまった場合、個別指導塾の対策指導が役に立つかもしれません。決して1人で悩まず、大手個別指導塾の無料学習相談会などの機会を利用し、ぜひ経験豊富な学習のプロに相談してみましょう。きっと英語との付き合い方から学校生活全般にいたるまで、新しいきっかけが見つかることと思います。