科目・単元

【数学】中学生で習う 押さえておきたい記号【意味】

【数学】中学生で習う 押さえておきたい記号【意味】
中学生の数学で急に増えるのが、記号や文字。記号や文字が並んでいることで、急にニガテ意識を持つお子さんも多くいらっしゃいます。中学校で学習する記号と文字について知りニガテ意識を軽減しましょう。

中学生の数学で出てくる記号や文字について知ろう

京子さん、中学校の数学ってどうしてあんなに難しいのかしらね。

あら、お嬢さんは数学がニガテなの?

そうなんです。私もこの前質問されて解いてみたら難しくて。“これって何の記号だったかしら?”とか、忘れているところがたくさんありました。

それ、わかるわ!記号がやたら多くて、暗号みたいな気がしちゃうのよね。

数学では算数とは違い、記号や文字がたくさん出てきますからね。意味がわからないと、暗号のように見えるかもしれません。ですが、それぞれの意味がわかればそんなに難しくはないのですよ。

そうなんですか?$x$や$y$なんて、見ただけで難しそうな気がしてしまいますけど。

$x$や$y$は厳密には記号ではないのですが…。そうですね、文字には決まった数を表すものと、何だかわからないから文字にしているものと、どんな数にでも変えられるものとがあるんです。

ほら、もう難しいじゃないですか。

いえいえ。じゃあ、1つずつ見ていきましょう。まずは、決まった数を表すものです。たとえば、「$π$(パイ)」って習ったでしょう?

あ!それなら覚えています。円周率ですよね。

うんうん、「$π$」は好きでしたよ。3.14の計算をしなくてよくなったのでうれしかったです。

そう、それなんですよ。文字を使えば、面倒な計算をしなくて済むことがあるんです。しかも、円周率は本当は3.14ではありません。

本当はもっと長いんですよね。3.1415926535…と続くんだったかしら。

わ、理恵さんすごい!そんなの計算したくないけど…。

計算の面倒さもそうですが、円周率はどこまで計算しても続いてしまう数なので、3.14で計算すると正確ではないんです。

そうか、「$π$」を使えば正確に表せるんですね。

こういう特定の数を表す文字の他に、何かわからないけれど、決まった数を表す文字もあるんですよ。

あれ?小学校の頃にも「決まった数」って出てきませんでしたっけ。

比例で出てきませんでしたか?$y=$(決まった数)× $x$とか。

あ、$y=ax$ の $a$ の部分ね!

そういう、”ここには決まった数が入ります”という部分には、$a$や$b$を使うことが多いです。このような決まった数のことを「定数」といいます。

文字を使うと、ずいぶんすっきりしますよね。

覚えやすいですよね。そっか、文字を使ったほうが実は便利でわかりやすいんだ。

比例の$x$と$y$が、マスターが最初に言っていた”どんな数にでも変えられる”文字ですか?

さすが理恵さんですね。いろいろ変えることのできる数は、$x$や$y$で表されることが多いんですよ。こういった”変えることのできる数”のことを「変数」といいます。また、$x$や$y$はどんな数かわかっていない時にも使われます。

方程式とかですか?

そうです。方程式の$x$や$y$のように、まだわかっていない数のことを「未知数」といいます。

$3x=6$ なら $x=2$、この$x$は”わからない数”なんですね。

関連記事:【成績がなかなか上がらない?】
中学生の成績を上げる方法

中学生の数学で出てくる数の大小関係を表す記号

文字って、意外と便利なものだったのねぇ。

意味がわかってくると、とっつきやすくなりますよね。

そうそう、記号と言えば、「$>$」と「$≧$」と「$<$」と「$≦$」って難しかったわよね?

大小関係を表す記号ですよね。私は”大きいほうに口が開く”って教えてもらいましたよ。

ああ、なるほど。じゃあ、”$3<5$”か。これってどう読むのかしら?

”$3$小(しょう)なり$5$”とか”$3$は$5$より小さい”とかですね。

私は”より小さい”と”以下”と”未満”の使い分けがニガテでした。

あ、わかる!ええと、以下だと「$=$(イコール)」が入るんだっけ。

確かそうでした!”より”と”未満”は入らないんですよね。

そうですね。”$x≧5$”だと、”$x$は$5$以上”という意味になります。”$x$大(だい)なりイコール$5$”とも読みますが、記号で表すのが一番わかりやすいですね。

最後は図形!中学生の数学で出てくる図形の記号を覚えよう

他にはどんな記号が出てきましたっけ?

あ、合同「$≡$」とか相似「∽」とか出てきませんでした?同じ形で同じ大きさなら合同で、同じ形なら相似って。

最後は図形!中学生の数学で出てくる図形の記号を覚えよう1

そんなのもあったわね!”$△ABC≡△DEF$”、という具合よね。

図形の関係を表す記号は、中学でたくさん学習するんですよ。他にも、「$//$」「$⊥$」「$∠$」が出てきます。

ええと…平行と、垂直と…

角(かく)ですよね。

そっか、”$∠A$”とか”$∠BAC$”とか表しましたよね。最初、”$∠BAC$”ってよくわからなかったなぁ。

”$∠BAC$”って、点$B$→$A$→$C$でできる角なんですよね。

そうでしたね。結局”$∠A$”じゃないの、って思いました。

”$∠A$”が1つだけなら”$∠A$”でよいですが、たとえばこんな図だと……

 最後は図形!中学生の数学で出てくる図形の記号を覚えよう2

あら、”$∠A$”がいっぱい。

こういう時には3点を指定してあげないと、どの角かわからなくなってしまうんですよ。

なるほどね。

あとはほら、合同と相似は対応する順に書かなきゃダメとか。

ありましたね。

記号は、見てわかることが大切ですからね。特に図形では、誰が見ても同じ図が描けることが大事なんですよ。

今考えてみると、記号ってそれだけでいろんな意味を伝えられる便利なものなんですね。うちの子にも、そうやって伝えてみます。