家庭教師とココが違う!個別指導塾のススメ

個別指導といえば、代表的なものに個別指導塾と家庭教師とが挙げられます。それぞれに違ったメリットがあり、よりお子さんに合うほうを選ぶことが重要です。今回は、そんな二つの個別指導を比較していきます。

個別指導は2通りある

個別指導塾は、1人ひとりを丁寧に見てくれるメリットがあるけど、そういう意味では家庭教師もいいですよね。

家庭教師は家で待っていたら先生が来てくれるから、こっちは助かるわよね。送り迎えもしなくていいし。

個別指導塾も、友だちができて一緒に通えればいいんだけど。

そうですね。友だちと楽しく通ってくれたらうれしいです。あと、家庭教師の場合、大体1人の先生がすべての教科を見てくださるじゃないですか。それがいいんじゃないかと思うんですよね。

わかるわ。こうして話していると、両者にそんなに大きな差はなさそうに思えるわ。京子さんはどう思います?

両者の明確なメリット、デメリットがあるはずよね。マスターに聞いてみましょう。

 

個別指導塾と家庭教師の違い

まず、家庭教師のメリットは、今みなさんが挙げてくださいましたね。確かに、移動の面での利便性はあります。それから、集団指導の塾のようにたくさん集まる場所が苦手なお子さんもいますしね。

ほかにメリットはありますか? 

家庭教師は1人の先生がつきっきりで指導してくれるので、性格が合えば、強い信頼関係を築くことができるでしょう。

個別指導塾の場合はどうでしょうか?

個別指導塾では、科目ごとに先生が変わるケースが多いですね。また、複数人の中から担当の先生を選べる制度を設けている場合であれば、何人かの先生を試して決めることができるのも魅力と言えるでしょう。

逆にデメリットを挙げるとしたら、家庭教師はどうでしょうか?

家庭教師の場合、教科や科目ごとにムラが出やすいかもしれません。どの教科も完璧に教えられる先生も稀にいますが、ほとんどの場合は特定の科目を専門に教えた経験がないので、先生の得意・不得意によって授業の質にばらつきが出てしまう危険性があります。

個別指導塾では、科目ごとにムラは出にくいんですか?

個別指導塾では、教科や科目に合わせて別々の講師に教われますからね。基本的に、その教科のことはその先生に聞けば間違いないというシステムが確立されています。

教材はどうでしょう?それぞれに違いはありますか?

個別指導塾の多くでは、まずそのお子さんの学習状況を把握し、それに合わせた学習計画を立て、その上で教材を選定していきます。こういった下準備があるため、教材のミスマッチが起こりにくくなっているんです。また、教材の違いは、個別指導塾と家庭教師との形態の違いも影響しています。

形態の違いですか?

ええ。家庭教師は、学校の授業でわからなかったところなどを生徒が質問し、家庭教師はそれに答えるという役割を持っています。つまり生徒が内容を決めるといったことが多くあります。

逆に個別指導塾は、そうではないということですか?

その通りです。私の知っている個別指導塾では、生徒に合わせてかなりきめ細かなプログラムを考えて作ってくれますよ。仮に生徒自身が自分の理解度をわかっていなくても、それを見抜いて、さらには適切な対策を立ててくれます。

そこは大きな差がありますね。

それから、持っている情報量も違うんじゃないかしら。個別指導塾の場合、通っているのは1人の生徒だけじゃないから、たくさんの志望校の対策をしているはずよ。

言われてみればそうですね。多くのケースを見てきているから、受験知識や学校情報という面では塾のほうが圧倒的に優位なイメージです。

その通りですね。個別指導塾は、あらゆる生徒の志望校に対応するために、さまざまな学校の情報や勉強のノウハウを持っています。

受験を成功させるためには、情報は欠かせないものね。

そういうことです。1人ひとりの生徒さん、保護者の方の期待に応えるため、情報収集には余念がない、そんな塾かどうか見極めることも大切ですね。

じゃあ、いろいろな塾を見て、その情報量を確かめることも、1つの判断材料になりますね。

そうですね。それから、個別指導塾には、そこに訪れるからこそのメリットがたくさんあります。たとえば、家では集中して勉強できないお子さんなら、塾の自習スペースを使うことができますよ。

そんなこともできるんですか?

はい。個別指導塾は、集団塾と違って教室単位で区切られているわけではありません。仕切りがついた机がたくさん並んでいるのが一般的です。その中の空いている机を自習用に貸しているところは多いんです。塾に行けば、まわりが勉強しているので、お子さんも勉強する気になるかもしれませんよ。

よくわかりました!ありがとうございます!

 

自分専用の先生に、
自分に合った方法でわかるまで教えてもらおう!