ニュース

子どもの自己肯定感を高める5つの方法

子どもの自己肯定感を高める5つの方法
自己肯定感は、学力や能力を伸ばす上で重要な要素と考えられています。ところが近年、自己肯定感の低いお子さんは増加傾向にあるそうです。この記事では、自己肯定感が低くなってしまう原因を探り、どうすれば自己肯定感の高い子になるかを考えていきます。

自己肯定感の低い子どもが増えている原因

日本では現在、自己肯定感の低いお子さんが多いと聞きました。本当でしょうか。

2016年に文部科学省へ提出された、ある調査データ(※1)によると、日本の高校生は諸外国の高校生と比べて、「自分は人並みの能力がない」「自分はダメな人間だと思う」など、自分の能力に否定的な意識をもつ傾向が強いとありました。2014年と2008年に行った調査を比較すると、肯定的な回答がわずかに増加してはいるものの、依然として諸外国と比べて低い水準であることには変わりがないようです。

検索してみたら、(財)日本青少年研究所のデータにも(※2)、(独)国立青少年教育振興機構のデータ(※3)にも、同じような結果が出ているわね。学年が上がるにつれて、自己肯定感が低くなる傾向があるみたい。

自己肯定感が低いと、どうなるんでしょうか?

自己肯定感が低いと、自分への自信が弱く、将来に対して前向きな気持ちを抱きにくいといわれています。つまり、「自分には無理」「どうせできっこない」「こんな自分には価値がない」などという意識を持ちやすく、勉学などにも積極的に取り組むことが難しくなりがちなのです。

だから、教育では「自己肯定感が大事」といわれるのですね。

どうして自己肯定感が低くなってしまうのかしら?

先に挙げた文部科学省の調査では、自己肯定感にかかわるさまざまな要因の分析もしています。それによると、「各教科の正答率の低い子」「達成感や意欲的な意識の低い子」「規範意識の低い子」「社会・地域に対してマイナス感情を持っている子」などで、自己肯定感が低くなる傾向があるようです。

自己肯定感は生きる上で重要なメンタル

そもそも自己肯定感が低いとは、具体的にはどんな状態を指すのでしょうか?赤ちゃんにも自己肯定感はあるのでしょうか?

まず自己肯定感をナルシスト的だと思う人もいるようですが、それは違います。「自分が自分でいていい」「今の自分が好き」「生まれてきてよかった」と思える気持ちのことを自己肯定感といいます。ですから、このように考えられないということであれば、自己肯定感は低いといえます。自己肯定感は、0歳から芽生えるといわれています。0歳は、言葉をぐんぐん吸収して覚える時期です。そのときに大人からプラスの言葉をたくさん浴びたり、笑顔を向けられたりすることで、自己肯定感が育っていくといわれています。

育児書にも、「上手にできたね」「元気でいいね」などプラスの声掛けをされたお子さんは自己肯定感が高くなる、とよく書かれているわ。「自分は今のままでいいのだ」と感じることで、自分に自信を持てるようになるのかもしれないわね。

自己肯定感が高いと、お子さんたちにとってどんなメリットがあるのでしょうか?

自己肯定感の高いことのメリットは数えきれません。たとえば、以下のようなものがあります。

・自分を大切にできる
・自信ややる気が出る
・自分で考えて選択することができる
・自分の意見が言える
・自分の可能性を信じて努力ができる
・失敗しても反省し、また進むことができる
・自分を大切に思えるということは、相手を大切に思えるということ
・人間関係が豊かになる
・安心感があり、落ち着いている
・社会のために役立つ人間であろうとできる、など

どれも、人間が自分らしく生きていくためには欠かせないですね。

自己肯定感を持つことで、自分も他人も思いやれるようになるのですね。人として豊かに暮らすためにも、自己肯定感は必要なことがよくわかりました。

自尊感情や自己肯定感の高い子に育てる5つのポイント

ところで、どうすれば自己肯定感の高いお子さんに育つのでしょうか?私たち保護者は、どんな声掛けをしていけばいいのでしょうか?

難しいテーマよね。人の心の問題だから、単純に「AをすればBになる」というものではないし。お子さんを取り巻く環境や保護者との関係、周囲の人々とのかかわりなどでも変わってくるでしょう。

そうですね。東京都教職員研修センターが教職員のためにまとめたレポート(※4)が参考になりそうなので、それをもとにポイントにまとめてみましょうか。

お願いします!

全部で5つのポイントにまとめることができます。

① プラスの言葉で声掛けをする
② お子さんが自分の意見を言いやすい雰囲気や環境をつくる
③ だれかと比べない
④ 社会や家庭、学校でのルールを守ることの大切さを教える
⑤ 家族での生活を大事にする
順に詳しく説明していきましょう。

はい。

まず①は、個性を尊重するようなプラスの言葉を積極的に掛けましょう。そのためには、お子さんのよさを見つけて認めたり、お子さんの可能性を信じてはげましたりするポイントをつねに見つけられるように心がけてください。たとえば、「いつも部活動を休まないで、がんばっているね」とか「大丈夫、きっとできるよ」、「活動的で元気があっていいね」などです。失敗をするとマイナスのことをいってしまいそうになりますが、そういうときも責めないことが大事です。

「次がんばろう」とかでしょうか。

いいですね!そういう言葉を掛けてもらうと、自信がつくし、やる気が出ます。次に②は、お子さんの意見をまずは聞くことから始めましょう。

お子さんの意見や、やっていることが「違うな」と思ったときは、どうしたらいいのかしら?

頭ごなしに否定するのではなく、「どうしてそう思うの?」「どうしてそんなことをしたの?」と理由を聞いた上で、「こうじゃない?」「こうすれば、よかったのでは?」と別の考え方や方法を提示します。すると、自分で考えて反省したり、よく考えてから行動したりする力が伸びやすくなります。

③は、私、自信がないかもしれません。気をつけてはいますが、知らず知らずのうちに、きょうだいや友だちなどと比べていないとは言い切れません。

お子さん自身を認めてあげられるといいですね。だれかと比べて「あなたはできない」と評価するのではなく、「この前よりも○○ができるようになった」と本人の成長に目を向けるといいでしょう。

大人でも認めてもらえるとうれしくて、「もっとがんばろう」と思えるものね。

どんな人にもそれぞれにいいところがある、と気づけるような声掛けを意識してみましょう。「あの子もがんばっているのだな」と、他人を尊重したり認めたりする心が育ちやすくなります。

はい。ところで、④のルールを守ることと自己肯定感は、どうしてつながるのですか? 

規範意識の高いお子さんは、ルールを破って叱られるという経験が少ないでしょう。つまり、否定されることが少ないので、自己肯定感が高くなりやすいのです。グループへの所属意識が高まることで、安心感が生まれ、自己肯定感が高くなるという面もあります。

なるほど。 

お子さんが正しいことをした時にはほめて、いい習慣を伸ばしましょう。また学校や地域の活動への参加は、社会性を育てるのにいい機会です。お子さんが参加したがっているときは、なるべく支援してあげてください。学校で居眠りや遅刻を防止するために、規則正しい生活習慣を身につけさせることも大事です。

でも、思春期や反抗期のお子さんは、大人の決めたルールに反発することもあるんじゃない?

そんなときは、どうしてルールがあるのかを話し合い、考えさせるといいと思います。

確かに自分が反抗期だったころも、一方的な押しつけだと反発したくなっていました。そのルールがある理由がわかると、納得して落ち着くことができていたように思います。

最後の⑤が大事なのは、お子さんの心の拠りどころが家庭だからです。親子で料理やスポーツ、読書などをしたり、映画や博物館などに行ったり、家族旅行に出かけたりなどの時間や機会を増やすといいでしょう。家族と一緒に過ごす機会が多いほど、「自分のことをわかってもらえている」「自分は愛されている」という気持ちが強くなり、自己肯定感が高い傾向があります。

わかりました。今日からできることを、1つひとつ積み重ねていこうと思います。

(※1)参照:『日本の子供たちの自己肯定感が低い現状について』(文部科学省提出資料)
 *第38回教育再生会議(平成28年10月28日開催)の参考資料。
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/chousakai/dai1/siryou4.pdf
(※2)参照:『高校生の生活意識と留学に関する調査(平成24年4月発表)』(財)日本青少年研究所。
http://www.niye.go.jp/kanri/upload/editor/84/File/dai3shou-3.4.pdf
(※3)参照:『青少年の体験活動等に関する実態調査(平成24年度調査報告書(概要))』(独)国立青少年教育振興機構。
http://www.niye.go.jp/kanri/upload/editor/84/File/gaiyou.pdf
(※4)参照:『子供の自尊感情や自己肯定感を高めるためのQ&A』(東京都教職員研修センター)。
http://www.kyoiku-kensyu.metro.tokyo.jp/09seika/reports/files/bulletin/h23/materials/h23_mat01a_01.pdf