ニュース

今話題の英語の能力テスト・TEAP(ティープ)について知ろう

今話題の英語の能力テスト・TEAP(ティープ)について知ろう
新しい英語の能力テスト「TEAP」を知っていますか? 最近はTEAPを利用して受験できる大学も出てきています。今までの英語検定やTOEFL、TOEICとの違いや、TEAPのテスト内容などについて見てみましょう。

TEAPはアカデミックな英語力を測るテスト

このあいだ、チラッと雑誌で「大学受験にTEAPが有利だ」という記事を見かけたのですが、TEAPってなんのことでしょう?受験しておくと、なにがいいのでしょうか。

TEAPって、確か新しい英語の検定試験じゃなかった?

2014年に実施が始まった英語の外部試験、いわゆる検定試験の1つですね。大学入試にTEAPを使うところも増えてきました。

今までの英語検定とはなにが違うんですか?

「公益財団法人 日本英語検定協会」の説明をみてみると、「TEAPとは、Test of English for Academic Purposesの略語で、上智大学と公益財団法人 日本英語検定協会が共同で開発した、大学で学習・研究する際に必要とされるアカデミックな場面での英語運用力(英語で資料や文献を読む、英語で講義を受ける、英語で意見を述べる、英語で文章を書くなど)をより正確に測定するテスト。」とあります。
つまり、「日本の大学で英語を学ぶ際に必要なレベル」の英語力を測定するテストのことです。

どんなテストをするんですか?

「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能で試験を行います。イギリスのベッドフォードシャー大学の研究機関であるCRELLA(Centre for Research in English Language Learning and Assessment)の監修のもと開発されたテストで、総合的な英語力を正確に把握することができます。より実践的な英語運用能力を測定する「TEAP CBT」もありますよ。

さっき大学入試でも使われていると言っていたわね。

はい。入試でTEAPおよびTEAP CBTのスコアを採用している大学が増えています。「スコア●点以上」のように学部ごとに基準点を設けて、基準点以上なら入試での受験が免除されるところが多いようです。TEAPのスコアをセンター試験の外国語の得点に換算する大学もあります。

どういった大学で採り入れられていますか?

上智大学(国際教養学部を除く全学部)をはじめ、外国語重視の難関私大が多く採用しています。2018年度のTEAP採用大学は、「公益財団法人 日本英語検定協会」のサイト内に一覧で出ています。詳細は各大学のホームページで確認ができますよ。

大学入試に使うためには、いつTEAPを受験すればいいんでしょうか?

TEAPの有効期限は「スコア取得後2年度のあいだ」なので、取得の翌年度および翌々年度の大学入試に利用可能です。

「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能を測定

「読む」「聞く」「書く」「話す」の4つは、それぞれ試験問題がわかれているの?

はい。TEAPとTEAP CBT、それぞれで試験時間や試験問題が異なります。

●TEAP
Reading:マークシートによる択一選択方式(70分)
Listening:マークシートによる択一選択方式(約50分)
Writing:解答用紙への記入(70分)
Speaking:1対1の面接方式(約10分)
ReadingとListeningだけの2技能での受験パターンもある。

●TEAP CBT
Reading:コンピュータによる択一選択方式(ドラッグ/ドロップによる解答あり(80分)
Listening:コンピュータによる択一選択方式(40分)
Writing:コンピュータの解答エリアへのタイピング(50分)
Speaking:録音方式(30分)

テストの結果はどのようにレポートされるんですか?

TEAPは合否を判定するものではありません。試験結果はスコアとバンド、TEAP Can-doリストでフィードバックされます。「スコア」は4技能の得点で、100点満点中、何点かで示されます。「バンド」はスコアに基づいたCEFRのレベルです。

CEFRですか?

CEFRとは、世界的な言語指標のことです。A1・A2・B1・B2・C1・C2と6段階あり、A1に近いほど初級、C2に近いほど上級となります。TEAPではA2~B2までの力を測定します。
 

「TEAP Can-doリスト」というのは?

大学レベルのアカデミックな場面での英語運用に特化したリストです。リストとスコアを見ると、現在の英語力で具体的にどのようなことができる(可能性が高い)かの目安がわかるようになっています。

何歳から受けられますか?中学生でもいいのでしょうか。 

受験資格は高校2年生以上となっています(受験年度で高校2年生となる生年月日以前の生まれであること)。

受験できるならうちの子も、と思ったのですが、ちょっと気が早かったですね。

試験日は年3回あり、2018年度は7月、9月、11月です。試験会場は20都道府県が予定されています。大学入試に使う場合は、受験し忘れのないように注意が必要です。

試験は難しいのでしょうか。

難度の目安は、英検準2級〜準1級程度といわれています。日本の高校2年生の英語力を測定するのにちょうど適したレベルといえます。

英語検定はほかにもあるじゃない?TEAPはどう違うの?

それぞれの特徴を簡単に言うと、TOEICは英語でビジネスする人向けで、TOEFLは海外留学をする人向けです。英検は学校で習う英語の理解度を測定するのに適しているとされます。それに対して、TEAPは日本の大学で英語の授業を受ける際に遭遇するシーンを想定してつくられています。国内の大学を受験するなら、入試にも採用されているTEAPが断然おすすめです。

TEAP受験のための勉強法と対策

いずれはTEAP採用大学ももっと増えていくでしょうね。

そうですね。大学入試で活用するためにも、自分の英語力を知るためにも、高校2年生、3年生であればTEAPを受けておくとよいと思います。

どんな勉強をすればいいですか?

TEAP対策用の公式問題集と対策本があるので、基本的にはそれらを使って勉強するのがいいでしょう。リーディングは時間配分が大事になってきます。語彙問題、グラフ問題、読解問題など設問の構成はほぼ決まっているので、それぞれの時間配分を体で覚えるようにしましょう。

はい。

リスニングでは、設問でねらわれやすい内容・パターンをつかむことが大事です。たとえば、「due to~」などの表現が出てきたら、「理由や目的」を問われることが多いなどの傾向をつかむといいと思います。

リスニングとスピーキングは難しそうね。

日本人は「Speaking」と「Writing」が弱点と言われていますからね。逆にいえば、それらを克服すれば、得点が伸びますよ。
ライティングは評価基準に合わせた効率的な対策が大事です。評価基準というのは、論旨や一貫性、語彙や文法を正しく使えているかを見ます。
スピーキングでは、社会的な賛否両論トピックについて意見を求められることが多いようです。流暢に発音できることも大切ですが、新聞などで世のなかの動きをキャッチしておくことも大事ですよ。

わかりました。一朝一夕には難しいと思うので、中学生のうちからでもTEAPを意識して勉強するとよさそうですね。

ちなみに、目標としては志望大学の基準点以上を段階的に目指していきましょう。TEAPのホームページ内で、実施大学・学部と一緒に基準点も公開されているので確認してみてください。