中学生の
合格者の声・体験談

27

  • 中学生のエピソード

    画像:山本さん&川村先生

    山本さん南大沢教室/

    英語

    楽しく授業を受けられたことで、 成績が伸び悩んでも乗り越えることができました!

    僕は先生の授業を受ける前は、英語の単語も長文もすごく苦手でした。しかし先生が毎回長文を読むときのポイントなどをわかりやすく教えてくださり、長文を読むのが速く、得意になりました。さらに毎週、単語を100個覚えてくるという宿題を出してくださり、授業のはじめに単語テストをしてくれたので、楽しく単語を覚えることができました。 先生の一番よかったことは、いろいろな話をして、楽しく授業を受けられたことです。おかげで成績が伸び悩んだときも先生と一緒に乗り越えることができました。本当にありがとうございました。

    講師からのコメント

    画像:川村先生

    志望校合格をゴールと設定し、目標を明確にして学習を進めました

    まず行ったことは、明確なゴールを設定し、それを達成するためにはどのように何をクリアしていくかを山本さん自身に考えてもらったことです。山本さんはそれを素直に受け入れ、志望校合格をゴールとし、定期テストなどで目標点数を決め勉強を行ってくれました。目標を明確にしてからは自分自身で宿題にプラスして学習を行ってくれたのも志望校合格につながったと思います。

  • 中学生のエピソード

    画像:張替さん&畔上先生

    張替さん町屋教室/

    理科

    わからなければわかるまで教えてくれる、 先生の授業で理科が好きになりました

    中2の4月頃に臨時休校になり、学校の授業がなくなったので入塾しました。理科はわからないところが多く嫌いでした。 しかし、担当の畔上先生と授業をしていくうちに、わからないところもわかるようになり、理科が好きになりました。 先生は解けない問題があると、解説の紙を渡してくれて、時間をつくってわかるまで教えてくれます。そのおかげで志望校に合格することができました。塾に通い始めてから勉強が楽しくなり、わからないところがあっても諦めずにがんばれるようになりました。高校生になって勉強も難しくなりましたが、がんばります。

    講師からのコメント

    画像:畔上先生

    どうして現象が成り立つのかを考え、常に疑問を持ち学習をすることを意識させました

    張替さんは、それまで、勉強方法が分からず右往左往しながら、とりあえず演習量を増やすような学習をしていました。そんな中、3年生の3月に担当となり、用語や公式を覚えること以外に、どうしてその現象が成り立つのかを考えるようにすることを伝え、常に疑問を持ちながら学習をすることを意識できるように指導していきました。すると、様々なことに疑問を持つようになり、何となくやっていた学習も、理解するための学習へと変わっていき、分野ごとで幅広い知識を身につけることができました。 張替さんの「受け入れ、挑戦する」といった素直な気持ちが日々の学習を変えることにつながり、何ヵ月も積み重ねていった結果が志望校合格へとつながったのだと感じています。

  • 中学生のエピソード

    画像:宮盛さん&市瀬先生

    宮盛さん調布北口教室/

    数学

    自分の学力に合わせたカリキュラムで、部活と両立しながら合格を勝ち取れました!

    全く自学自習もせず、学校の授業が疎かになり、成績が思うように上がらないため中2の夏頃に東京個別に入塾しました。塾では3人の講師の方々にそれぞれ国語、数学、英語を教えていただきました。学校の授業の進度や自分の学力に合わせて独自のカリキュラムを作ってもらい、基本はそれに沿って行い、定期テストなどがある際にはそれに合わせてテスト対策など柔軟に対応していただきました。そうしていく内に基礎問題のみならず、発展問題もすらすら解けるようになり、ますます勉強が楽しくなっていきました。僕が11月半ばまでサッカーをしながら早稲田実業に合格できたのは、僕に合わせたカリキュラムや指導があったからだと思います。ありがとうございました。これからもサッカーだけでなく、勉強もがんばろうと思います。

    講師からのコメント

    画像:市瀬先生

    悩み相談や勉強の習慣をアドバイス。 冬期講習で取り返し志望校に合格!

    中学2年生の夏に入塾してきた宮盛くんは、勉強とサッカーを両立しながら難関私立高校を目指していました。最初は彼の意志もあり、順調に勉強が進んでいきました。ですが受験が近づくにつれて、最後の大会への準備でなかなか勉強に手がつかなくなりました。両立の難しさで彼の精神的にもつらかったと思います。そこで、彼の悩みを聞いたり、勉強習慣に対するアドバイスをしたりしました。 それ以降、彼の中で吹っ切れたのか、サッカーでできなかった分を冬期講習で取り返すことができ、第一志望校に合格することができました。

  • 中学生のエピソード

    画像:柿本さん&佐藤先生

    柿本さん千歳烏山教室/

    数学

    入試前には手紙をくれて、最後まであきらめずに受験できました

    勉強は好きでしたが、数学が苦手で小学4年生の頃に入塾しました。担当の佐藤先生には数学を教わりました。先生は数学以外の教科を教えてくれたり、入試前には手紙をくれたので最後まであきらめずに受験できました。先生の授業はとても分かりやすくて楽しいです。授業外ではおもしろくて、私の話を聞いてくれました。先生方のサポートもあり、志望校に合格できました。高校生になっても変わらず学んでいきたいです。

    講師からのコメント

    画像:佐藤先生

    苦手が得意に変わったことで、難しい問題に自ら挑戦していくようになりました

    2年生の頃は、難しい問題に対して苦手意識があり、すぐにあきらめてしまっていました。原因として、公式を暗記はしているが、どうしてその公式を用いるのかを理解できていないことが挙げられました。そこで、柿本さんがどのように考えたのかを説明してもらうようにしました。具体的な説明を繰り返すことで、どのような問題に対しても適切な公式を用いて解くことができるようになりました。さらに、この経験が自信につながり、苦手が得意に変わり、難しい問題にも自ら挑戦していくようになりました。問題に必要な公式を理解する力と解けるという自信を身につけた結果、第一志望校に合格することができました。

  • 中学生のエピソード

    画像:勝又さん&渡邉先生

    勝又さん池袋西口教室/

    国語・数学

    個別指導で先生と一緒に 余裕を持って学習を進められました

    まず自分を第一志望の高校に合格させてくれた先生方には感謝しています。塾に入って1番よかったことは、余裕を持って学習を進められたことです。塾で余裕を持って勉強していないと、1度きりしかない学校の授業で浮かんだ疑問を解決できないまま次の単元に進んでしまいますが、塾で勉強することによって、浮かび上がった疑問を解決できるようになりました。また個別の塾でよかったことは、先生がより近くで指導してくれたことです。近くで指導を受けることでわからないことはわからないと言えるし、先生と仲よくなることで居心地のいい場所になりました。僕は高校に入ってからも塾に通っているので、しっかり学習を進めながらも、塾という環境を楽しんでいます。

    講師からのコメント

    画像:渡邉先生

    自分の意見が書けるように練習をくり返し、 何を問われているか意識するよう指導しました

    中学2年生の夏から1年半ほど担当させていただきました。当初から授業中の解説を自分でノートにまとめるくらい意欲的な生徒でした。 問題に適切に答えきれていないことがあったので、文章をきちんと読むことはもちろん、何を問われているかをしっかり意識するよう指導しました。また、模試では作文に苦戦している様子が見受けられました。授業のほか每回の宿題で作文を出し、文章の要旨と筆者の意見を正確にとらえ、それを踏まえて自分の意見が書けるように練習をくり返しました。次第に正答率があがり、本人の授業への姿勢も以前よりさらに意欲的になったと感じています。結果、第一志望校に合格することができました。合格おめでとう、高校生活楽しんでね!!

  • 中学生のエピソード

    画像:M・Yさん&高島先生

    M・Yさん赤羽教室/

    英語

    模試の結果から苦手部分を重点的に教えてもらいました。勉強以外の話もたくさんできて塾に行くのが楽しい!

    担当の高島先生には英語を教わっています。先生は、模試の結果などから苦手な部分を見つけ出し、そこを重点的に教えてくれました。志望校で悩んでいるときは、相談に乗ってもらい、興味がある高校出身の先生とお話をする場を設けてくれました。 先生とは勉強の話だけでなく、学校や趣味の話もたくさんできるので塾がとても楽しいです。受験が近づき焦りや不安が強くなったとき、塾に行って先生と話すことでとても安心できました。担当ではない先生からも、普段から話しかけてもらい、面倒を見てくれました。これらの先生のサポートによって、志望校に合格することができました。本当にありがとうございました。

    講師からのコメント

    画像:高島先生

    生活、勉強の両面でしっかりサポート。目標にまっすぐに向き合って第一志望に合格!

    担当になった中学1年生の頃から学力が高く、発展的な内容もどんどん吸収してくれる生徒でした。しかし、提出物・宿題忘れが多く、そのために学校の成績も伸び悩んでいました。成績表を根拠にどのようにすれば評定が上がるのかを説明し、他科目の担当講師とも協力をしながら生活と勉強の両面でのサポートを行いました。入試直前には、受験校の難易度に合わせた他校の過去問題を用いた対策と並行して、課題となっていた単語力の強化も継続しました。模試で思うように結果が出せず思い悩む時期もありましたが、目標にまっすぐに向き合った本人の努力が実を結び、無事第一志望校に合格することができ嬉しく思います。

  • 中学生のエピソード

    画像:山田さん&沼田先生

    山田さん吉祥寺駅前教室/

    英語

    テスト対策や小テストを作ってくれました。 先生の教え方が上手いところが好きです

    成績を上げるために個別指導塾で駅から近いこの塾に中1の5月頃入塾し、沼田先生に英語を教わりました。学校の定期テストのときには対策をしてくれたり、苦手なところをまとめた小テストを作ってくれたりして、苦手を克服していきました。先生は教え方が上手くて、一緒に勉強していくことで徐々に英語の点数が上がり、志望校に合格することができました。本当にありがとうございました。これからも勉強をがんばろうと思います。

    講師からのコメント

    画像:沼田先生

    「がんばった分だけ結果が返ってくる」 勉強の楽しさを感じてもらえるように指導しました

    山田さんの担当を受け持ったばかりの頃は、まだ英語の知識がほとんど身についておらず、学校の進度から1年分もかけ離れてしまっていたので、まずは徹底的に基礎文法を覚えることから始めました。最初は遅刻や宿題忘れが多く、英語が好きではないと言っていましたが、毎回独自の文法テストを100点が取れるまで解いてもらい、遅刻した分は自習スペースで解ききってもらっていたら、自然と勉強時間が増え、少しずつ成績も上がっていきました。 文法をマスターすると英語を学ぶ楽しさをわかってくれて、受験時には自分から勉強方法を聞いてくれたり、積極的に塾に来てくれるようになりました。「がんばった分だけ結果が返ってくる」という勉強の楽しさを感じてもらえ、信じて指導について来てくれたおかげで、第一志望に合格できました。

  • 中学生のエピソード

    画像:佐藤さん&武井先生

    佐藤さん中野教室/

    数学

    常に丁寧に教えてくれて、 苦手なことにも挑戦できました

    数学や理科の成績を上げて高校に行くために東京個別に中3の夏ごろに入塾しました。 担当の武井先生には数学を、山田先生には理科を教わりました。先生は常に丁寧に教えてくださり、そして、自分自身の悩みも聞いてくださいました。一緒に勉強していく中で、苦手なことにも挑戦できました。高校生になった今、変わらず一生懸命勉強をがんばっていこうと思います。

    講師からのコメント

    画像:武井先生

    スモールステップで目標を達成していき、 何をすればよいのかわかるようにしました

    入塾したばかりの頃は自習スペースに来るなどしていましたが、課題をやるだけで何をすればよいのかわかっていない状能でした。授業をしていく中でできることとできないことを明確にし、スモールステップで目標を達成できるようにすることで、何をすればよいのかがわかるようにしていきました。佐藤さんの努力と第一志望校に入学したいという気持ちを信じてサポートし、第一志望校に合格することができました。高校に入学してからも新しい制服を着て引き続きがんばってくれています。

  • 中学生のエピソード

    画像:笠井さん&加藤先生

    笠井さん武蔵境教室/

    英語

    先生と一緒に勉強を始めてから、 苦手だった英語で90点以上取れるようになりました

    成績が思うように上がらず高校受験もあったので、中2の12月頃に入塾しました。担当の加藤先生には英語を教わりました。 勉強のことだけではなく、たくさん話を聞いてくれて、受験の前には手紙をくれてすごく嬉しかったです。先生はすごく優しくて、会ったときはいつも声をかけてくれるところが好きです。先生と一緒に勉強していく中で、苦手だった英語の点数がどんどん上がっていき、90点以上取れるよりになりました。本当にありがとうございます。勉強することが嫌いでしたが、いろいろな先生と話すようになって、授業もすごく楽しくて塾が好きになりました。これからも勉強をがんばろうと思います。

    講師からのコメント

    画像:加藤先生

    英語の学習方法などを一新し、 4割の得点率から安定して9割とれるように

    中学3年の9月から笠井さんの英語を担当することになりました。当時は4割程度の得点率でしたが、笠井さんの様子を見て、8割を目指せる力があると伝え、科目・学習方法などを一新し、受験に向けての学習をスタートしました。もともと苦手科目でしたが毎日自習スペースに通う姿を見て、英語を得点源にして合格させたいと思うように。英語長文を読むときに書き込みをすること、答えの根拠となる部分に線を引くことを徹底して行うことで、どこに何が書いてあるのかが、すぐに判断ができるようになり、読み返す手間を減らせたことで、見直しをする時間のゆとりを持つことができました。この2点を続けたことで、都立入試の過去問題や模試で90点以上を常に維持できるほどになりました。8割で悔しがる姿を見て、本当に成長したね、と笑い合えることができ、とても嬉しく感じました。入試直前までがんばり続けた結果、見事第一志望に合格することができました。

  • 中学生のエピソード

    画像:山口さん&加瀬先生

    山口さん新小岩教室/

    数学

    模試でできたところをほめてくれたから、 やる気を低下させずに勉強をがんばれました

    私は数学が大嫌いで、最初の模試では偏差値43くらいを出してしまうほど、全く何もできませんでした。関数においては直線の式を求めることも座標の出し方も何もできないくらいでした。 しかし加瀬先生は、まず私の数学への苦手意識と向き合ってくれました。加瀬先生なりの言葉や図で、教科書のような難しい表現を取り除いてくれたおかげで、徐々に苦手意識を減らすことができ基本問題は解けるようになりました。そこからわからないところはすぐ教えてくれて、何度でも丁寧に教えてくれたので、応用問題も少しずつ解けるようになりました。いくら練習でできても、本番でできなかった私は、模試などでは点数が低いことが多かったですが、全体を見るのではなく大問ごとにできたか、できなかったかを見てくれました。できたところをほめてくれて、やる気を低下させないというところが自分は一番嬉しかったです。

    講師からのコメント

    画像:加瀬先生

    演習を繰り返し小さな成功体験を積み重ね、 モチベーションの維持に努めました

    山口さんが中学3年生の4月頃に担当となり、当時は数学に対して、苦手意識を持っている状況でした。特に関数・図形分野にネガティブな印象を持っており、志望校が決まっていた山口さんにとっては、克服しなければならない課題でした。演習をくり返すことで、定着させていく形が合っていたため、授業では演習を多く取り入れ、山口さんが小さな成功体験をくり返すことができるようにしました。その成果はすぐに模試にあらわれましたが、成績が伸び悩んでしまう時期がありました。そのときには前回の模試よりもよくなった点を一緒に見つけ、これからの課題を明確にするなど、モチベーションの維持に努めました。また、休み時間も含め多くの時間で、何気ない話をすることで息抜きをしたり、不安に思っているときは「一緒にがんばってきたし、大丈夫だよ」と常に寄り添い信じ続けました。そして山口さんががんばり続けた結果、第一志望校に合格できました。

...

まずは教室を見学しよう!

入力はかんたん約1分!

お電話でのお問い合わせもお気軽に

フリーコール0120-62-3759

近くの教室を探す

通いやすい教室を探してみましょう

    背景画像:お近くの教室を探す